講習会について

アドバンス
講習会

ニーズを聴き出すための実践的心理テクニックを習得し、
確実に結果を出すために必要な知識と技術の引き出しを充実させる

講習会内容

- アドバンス講習会の3つのポイント -

結果を出すための知識と技術の引き出しを多く習得できる
結果を出すための知識と技術の
引き出しを多く習得できる

ベーシック講習会に比べ、フィジカル、メンタルとも圧倒的な知識量を得ることができます。それらを基に、結果を出すための処方を自分で考え構築する手法を習得します。

再受講料金を設定
再受講料金を設定

膨大なカリキュラムなので、2回、3回とブラッシュアップできるよう、再受講料金を設定しています。(認定試験に関しては設けておりません。)

PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナーが講師
PTI認定プロフェッショナル
フィジカルトレーナーが講師

PTIの最高峰であるプロフェッショナルフィジカルトレーナーが、科学的根拠と経験に基づいた結果を出すための考え方を伝授します。

フィジカルパート

フィジカルパート

現場で良く起こりうるシチュエーションから具体的な処方をたてる

現場で良く起こりうるシチュエーションを想定し、基礎的な知識から具体的な処方を立てることができるようにします。
これらは項目ごとにさまざまな視点から見ることにより、運動指導者の引き出しを増やし、正しい知識を得ることを目的として学んでいきます。

ダイエット指導論(運動)

ダイエット指導の5つの基本である

  • ① 筋肉量を増やすこと
  • ② 有酸素運動で体脂肪を燃焼させること
  • ③ バランスの良い食事をすること
  • ④ 巷に流れる情報に翻弄されない
  • ⑤ やり続けることのできるメンタル(プロフェッショナル講習会)

これら5大原則をもとにダイエットに対して結果を出すための考え方を学びます。

低負荷高回数トレーニング(心肺、筋持久力)
  • ① 50Repsの考え方
  • ② TABATAトレーニングの考え方
  • ③ Layerトレーニングの考え方
    これらのトレーニングを行うことで体にどんな変化が生じるのか?

また、どんな目的のクライアントに処方するのか?

変形性膝関節症の基礎(予防・軽減)
  • ・変形性膝関節症とは具体的にどんな症状なのか?
  • ・変形性膝関節症になる要因とは?
  • ・私たちはどのようにアプローチすればよいのか?
  • ・変形性膝関節症を予防するにはどうしたらよいのか?
  • ・基本的な考え方とアプローチ法を学びます。
糖尿病の基礎(予防・軽減)
  • ・糖尿病の基本的な知識
  • ・1型と2型の違いについて
  • ・体内でインスリンがどのように働くのか?
  • ・運動がどう必要で具体的なメニューはどう作成すればよいのか?
  • ・糖尿病のクライアントに対して運動指導者が最低限知っておく必要がある知識を学びます。
5大栄養素の基礎
  • ・栄養素とは?
  • ・各栄養素がどのような働きをしているのか?
  • ・食物に関しての正しい知識(牛乳と果物)
  • ・栄養に対しての重要性と運動指導者が最低限押さえておかなければいけない点を学んでいきます。
静的・動的ストレッチの基礎
  • ・ストレッチの種類について?
  • ・各ストレッチのメリット、デメリット
  • ・ストレッチをすることで細胞レベルはどのように変化するのか?
  • ・ウォームアップの効果と運動メニューの考え方
パーソナルストレッチ実技(基礎筋群)

基礎筋群である、

【上肢】
・腕橈骨筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋(長頭部・外側頭部)・三角筋(前部・中部・後部)
・胸鎖乳突筋・板状筋・菱形筋・僧帽筋(上部・中部・下部)・広背筋 ・大胸筋(上部・中部・下部)

【下肢】
・大臀筋・中臀筋・梨状筋・大腿筋膜張筋・大腿二頭筋・半腱/半膜様筋・腸腰筋
・大腿直筋・中間広筋・内側広筋・外側広筋・恥骨筋・/短内転筋・長内転筋・大内転筋
・薄筋・縫工筋・腓腹筋(内側頭/外側頭)・ヒラメ筋・前脛骨筋

これらのペアストレッチを行います。
筋肉ごとの伸張法を確認しながら、筋の方向、タッチの仕方、タオル、衛生面の
取り扱いまで行い、筋肉の細部まで観ることができ、引き出しを増やします。

メンタルパート

メンタルパート

個々の人格に合わせたアプローチ方法や人との交流を円滑に行うための考え方とストレスによって起こるさまざまな不定愁訴についての対処法を学ぶ

相手の人格を知る。
CP(批判的な父親)、NP(養育的な母親)、A(大人)、FC(自由な子供)、AC(順応な子供)に分け、それぞれのタイプをアセスメント(性格を分析する)するためにエゴグラムを学びます。クライアントに合わせた人格に私たちが態度を変えることをします。私たち運動指導者側が変わることで、クライアントの動因をより深くまで聴くことができるので信頼関係の構築に繋がります。
また、交流分析の中の【OK 牧場」と【ストローク】について学んでいきます。「あなたはOK 」「私もOK 」という立場で私たちがいること、「あなたの存在に気づいています」「あなたを気にかけています」というように、相手に言語的、非言語的な相手への認知を伝える重要性をお伝えします。これらを学ぶことで人とのコミニュケーションをより円滑にし、信頼関係構築に役立つ方法を学びます。
交流分析以外では【ストレス】について着目します。なぜかというとストレスが原因により肩こり、腰痛などが起こる可能性があるからです。ストレスが影響するものはほかにもさまざまあります。現代社会はストレス社会といわれるぐらい多くの問題を抱えています。私たちクライアントが抱えている問題がストレスによるものなのか?そうでないのか?を判断しなくてはなりません。そうしないとそのクライアントにとって運動指導が良いのか?それともストレスをコントロールすることが必要なのかがわからないためです。ストレスをコントロールする手法を学んでいきます。

カリキュラム

フィジカル (2日):

・体組成別の筋トレ・有酸素運動・食事指導方法
・安全に行える体力向上のための高強度筋トレ
・変形性膝関節症の理解を深め、計画的な処方を立てる手法
・糖尿病の理解を深め、病院と提携した指導を実施するには
・バランスの良い食事指導の基本的考え方と巷に流れる情報の精査の仕方
・柔軟性が向上するメカニズムを理解し説明する能力を身につける
・メジャーな大筋群のパーソナルストレッチの技術を習得する

メンタル(1日):

・クライアントの性格を心理学的に理解して運動処方に活かす手法
・会話が苦手なトレーナーのための、心理学に基づいた交流の仕方
・ストレスが身体に及ぼす影響の理解および対処方法

PTI認定試験

アドバンス講習会を修了後、PTI認定試験に進むことができます。
認定試験に合格するとPTI認定フィジカルトレーナーを授与いたします。

・当日はパソコンを使用します。(Word使用)
(お持ちでない方はあらかじめ事務局にお知らせください。)

・試験は、論述試験と実技試験があります。
(詳細はアドバンス講習会時にお知らせいたします)
※論述とは・・・事物をありのまま、客観的に描写することではありません。また説明ではないので、事物の背景、理論的根拠などを示すだけでは不十分です。事物を要約して紹介し、それに対して自分の考えを説明し、順序立てて筋道を論理的に立てていき、最後に結論を述べてください。

・アドバンス講習会とは別に試験日を設けております。ご都合の良い日程で受験ください。
ただし、アドバンス受講から1年が経過した段階で受験資格を無効といたしますので、ご注意ください。
・不合格となった場合、ほかの試験日に再度受験してください。
その際は、不合格になった受験日から1年間受講資格が有効です。
※再試験料30,000円(税別)

アドバンス講習会データ

受講時間 8時間×3日間 (フィジカル:2日間 / メンタル:1日間)
受講料 新規:150,000円(税別)※認定試験を含めた料金
※旧モチベーションアカデミーから会員を継続されている方でフィットネスモチベーターの資格を得ている方は110,000円(税別)で受講可能です。
再受講:40,000円(税別)※再受講に認定試験は含みません。
受講資格 ・ベーシック講習会修了者
・フィジカルトレーナー協会の会員であること

アドバンス講習会の次はプロフェッショナル講習会へステップアップ!

次のステージは・・・?

プロフェッショナル講習会ではさらにスポーツ愛好者に対するヘルスフィットネス指導、アスリートに対するパフォーマンスアップ指導や、ストレスによる腰痛などの不定愁訴や肥満、摂食障害などの判別と対処ができる。またアスリートのやる気の喪失やイップスなどにも対処できる能力を習得する出来ます。

プロフェッショナル講習会を見る

プロフェッショナル講習会

アドバンス講習会

arrow

アドバンス講習会

(会員のみ受講可能)

ベーシック講習会

講師紹介

講習会の講師陣をご紹介します。

more

講習会について

PTI認定フィジカルトレーナーになるための
講習会のカリキュラムを解説します。

more